時間・やる気・体力…2年で税理士試験5科目揃えるために必要なものとは?

こんにちは。オルテガです。

ヤフー知恵袋で、こんな質問がありました。


税理士試験について 2年で5科目揃えるには何が必要か?


現実的に「2年で5科目合格」を達成するために必要なものを考えてみます。


働きながら2年で、いける?



2年で5科目合格するためには、必然的に1年に2~3科目分の学習をこなし、それを2年間継続する必要があります。
もちろん学習するだけでなく、ほぼ全ての試験を1回で合格する必要があります。


一般的に、


「税理士試験合格にかかる年数は平均7年(または9年とも)」


と言われています。


税理士試験は、働きながら受験する人が比較的多いです。
そのため、どうしても確保できる学習時間が限られる人が多く
1年1科目ずつ勉強するペースでないと
仕事との両立が図れないという現実があります。


まず前提として、
働きながら2年で合格を目指すのは現実的でない
と考えておいた方が良さそうです。


お金はいくら用意すればいいんだろう



受験に専念する = 収入ゼロ


となりますので、受験専念期間を2年と設定した場合
まずはその2年間に必要となる金額を、事前に用意する必要があります。


【生活費】

月々20万円必要なら、20万円×12か月×2年=480万円です。
節約して15万円で済ませても、2年間で360万円です。
現実的には、急な出費への備えなどを考えても
最低400万円は用意しておくのが無難ではないでしょうか。


【予備校の受講料】

通常、予備校の受講料は1科目10~20万円以上は必要です。
1年1科目ずつ受講すると、順調に合格しても合計100万円近く
必要になるケースが多いです。

しかし、受験専念者であれば受講料が割安となる場合があります。

例:TACの本科生コース(2年間受験専念のコース)
http://www.tac-school.co.jp/kouza_zeiri/zeiri_otoku12.html#1

上記のコースであれば、2年で5科目受講して、約70万円です。


「生活費」と「予備校の受講料」だけで470万円が必要ですが、
2年間で無事合格できたとしても、その後すぐに収入があるとは限りません。
就職活動を始めても、すぐに内定をもらえる保証はないのです。


収入のない期間が長引く可能性も考え、50万~100万円程度は
余裕をもって見積もっておいた方が無難でしょう。


非常におおざっぱではありますが、以上を合計するだけでも
500万~600万円となります。
また、2年後にはこの貯金がほぼゼロになる覚悟も必要です。


やる気は維持できるやろか…


資格の勉強を始めたことがない人にとって、
自分が勉強に対するやる気を維持できるかどうか、という点も
不安があることと思います。


ただ、上で述べた「学習専念できる環境」と「必要資金」を
自分で用意できる程の人だと
税理士試験に対して相当の覚悟が備わっているはずです。


自腹を切ってそれなりの金額の受講料を支払うことで、
後に引けない気持ちも芽生えるでしょう。


個人的には、これはすでにやる気の維持がどうのこうのというより

もう何が何でもやるしかない、ケツに火が付いた状況

に見えてしまうので、火事場の底力で全然いけそうな気がします(笑)。
他人事みたいですみません


ただし、1年目で計画通りに合格できなかった場合
2年目のやる気が低下する恐れがあります。


これに対しては、「思い通りに合格できなかった場合の計画」
を考えておくべきでしょう。


スッパリあきらめるのか、軌道修正して学習を続けるのか…。
これは人それぞれでしょうが、前もって代替案を用意しておくことで
不安を残さず勉強に集中できる、というメリットはあります。


何にせよ、1科目でも合格することがやる気維持につながります。
目の前の勉強に集中し、1年目に最低でも2科目以上合格することが
2年目以降のやる気の維持に関わってくるでしょう。


理解者の存在は本当に大事



このように、税理士試験を2年で突破するには
多くの犠牲(言葉が適切でないかもしれませんが)が必要となるでしょう。


また、受験に専念する自分のことを理解してくれる人が
身の回りにいるかどうか、という点も非常に重要です。
これは何も金銭・物資的な助けという意味ではなく
周りに応援してくれる人がいるかどうか、ということですね。


長期間の勉強には必ず精神的・肉体的に辛い時期があります。
そのような時、理解者がいてくれることの有難味が本当にわかります。


多くの犠牲を払う覚悟があり、かつ、
周囲に応援してくれる人がいるのであれば、
覚悟を決めて受験に専念するというのもありでしょう。


今回の結論


貯金があって受験専念できて、理解者もいるならひょっとすると…。
まぁ俺には無理ダナ